・ソ 歯周病治療と噛み合わせの調整

歯周病治療と噛み合わせの調整

繝舌リ繝シ

歯周病治療と噛み合わせの調整

歯周病治療では噛み合わせに問題があると判断した場合には、噛み合わせの調整も行います。
歯周病と噛み合わせというものは、大きく関連性を持っています。

力の因子でもありますし、どこかの歯だけに強い力が込められる、偏った噛み方をすることで、その力を入れた歯だけに負担は大きく掛かります。
こうしたどこかの歯だけに、過剰とも言える力がかかるのは、咬合性外傷とも言われます。

歯が打撲を受けている状態であり、捻挫しているようなものなのです。
人間の肉体でそのようなことになったら、痛いですしダメージも受けますから、お口の中でもダメージが大きいのはわかるでしょう。



歯周病治療では、こうした状態を改善させるため、歯に対しての負担を軽くさせる治療もします。

OKWaveの初心者も安心のわかりやすい情報を扱っています。

どこかに強くぶつかり合う部分がありますから、そこをほんの少しだけ削除します。


そうすることで、お口の歯は安静させることができます。

歯周病治療のお役立ち情報を公開しています。

こうした些細なことで、咬合調整は可能となります。
本人に意識がなくやっているケースもありますが、くいしばりとか、歯ぎしりをする人というのは、その状態が強いほどに、どこかの歯に強力な負担がかかります。

歯周病治療をしたとしても、かみ合わせが悪いままで放置をしたら、歯は相変わらず動揺してしまい、嬉しくはないことに抜ける方へとまっしぐらです。こうした状態から歯を守るために、夜間には専用のマウスピースを利用する方法が有効になります。

保険診療で作成できるので、歯科医院に相談をしてみることです。

Copyright (C) 2016 歯周病治療と噛み合わせの調整 All Rights Reserved.